子どもと家族の写真・ポートレイト・記念写真

三原由宇フォトライブ公式サイト

Facebook

三原由宇出張写真室・旅の写真(ブログ)

12.25.2009

夕陽


 
半熟卵のような夕陽。
 
クリスマスも終えた年の暮れ、今日も飛行船を撮りに行った時間以外はひたすら画像処理。
年内という締め切りがあるわけで、追われています。
そんな中で沈む夕陽を眺めているわずかな時間は、ほっとする。

電車の中から同じ夕陽を眺めている人はいるんだろうか。
大きなものを見て癒されるのは、知らない誰かを意識するからなのかも。
繋がっていないけれど、見えないつながりを感じるのです。
 

12.21.2009

島みかん


 

小さな島みかん。
上に乗っかっている小さなほうが、それです。
 
取引先に顔を出したら、「これ、持って行きませんか」と言われて手渡されました。
もらえるものは、何でもいただきます。
果物の中でも、とくにみかんは大好き。
今年はみかんの「表年」にあたり、安く出回ってくれてありがたいです。
みかんは小粒なものが、甘くておいしい。
 
島みかんはさらに小さくて、本当に甘い。
ごちそうさまでした。

  

12.19.2009

夕月


 
 
薄い爪のような、夕暮れの月。
 
舞波のホテルでの結婚披露宴の撮影に出かけました。
ディズニーランドに行くわけではありません。
が、ディズニーの雰囲気は駅を降りた瞬間から感じられます。
そして、それはホテルの中まで……披露宴の中まで。
 
こんな披露宴の余興は見たことがない!
という素晴らしいダンスが次から次へと。
仕事だけど、仕事でないような時間を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。

 

12.14.2009

イルミネーション


 
 
銀座マロニエ通りのイルミネーション。
 
クリスマスまで10日ほど。
街中を埋め尽くす勢いのイルミネーションも、いよいよその輝きを増してきたように感じます。
 
街路樹に電飾を施したものは数多くあります。
離れて見れば、蛍をいっぱいにまぶしたかのようにきらきらと美しいのですが……。
よくよく見れば、イメージを壊すように太い電線が幾重にも絡み付いた木の枝、幹。
ちょっとマロニエの木がかわいそうになりました。
 
 

12.13.2009

写真

すみません。今日は写真がありません。
 

青山での撮影を終えて、信濃町駅に向かって帰ります。
神宮外苑では《イチョウ祭り》が最終日。
おなじみのイチョウ並木をそぞろ歩く人の流れは途切れることがありません。
 
イチョウの葉っぱで遊ぶ子どもの写真を熱心に撮るお父さんたち。
三脚を立てて家族写真を撮る人。
みんな写真を撮っています。
 
写真がこんなにも身近なツールとなったのは、せいぜいこの五十年くらいのこと。
写真はありのままの姿を画像として残すものですが、一方で《時間》を残しているともいえます。
一瞬の(動画なら一定時間の)時間を保存しておくということが、その人にとってどんなことなのか。
……いつか考えよう。
 
ま、そんなこと考えなくても写真は楽しい。
もっともっとたくさん撮ってほしいなあとカメラを持つお父さんの後ろ姿を見ながら思ったのでした。
 
 

12.12.2009

ヨコハマ


 
 
暮れてゆく横浜港の美しさ。
《ヨコハマ》とカタカナで言いたくなるのは……。
 
横浜港を眺めるホテルで結婚式を挙げられたお二人でした。
披露宴の時間が素晴らしい。
宴が進むにつれて、ゆっくりと美しく色合いが変化してゆく港の景色を堪能しました。
さらに、空の色に合わせて、会場に流れるBGMが秀逸。
《ブルーライトヨコハマ》を始め、横浜ソングが次から次へと。

写真を撮りながら目と耳でヨコハマ気分に浸っていました。
 
 

12.11.2009

キキ


 
 
じっと見つめるキキ。
 
PCに向かって仕事をしていると、にゃーと鳴いてキキがやってくる。
最近は、膝からよじ上ってお腹の上でまったりするのがお好みらしい。
しかし、当然、そうなると仕事ができません。
 
だめだよ、今忙しいんだから。
と言うと、恨めしげな目でじっと見る。
昨日の猫と違って、家の中ではどこにも逃げられず。
 
しばらく無視して仕事をしていると、ぷいと自分の寝床に戻るのですが……、
そうでないときのほうがほとんどです。
かくして、僕のお腹は約20分にわたり、キキに占拠されました。
 
 

12.10.2009


 
 
荒川の土手にたたずむ野良猫。
 
画像処理の合間に、ちょっと抜け出して夕暮れの荒川土手へ。
日が傾くと、昼間のぬくもりはどこへやら、肌寒い空気に包まれます。
 
ここの野良猫は人間が近づいても、あまり逃げません。
餌を待っているのでしょうけど、あいにくと僕は猫の餌を持ち歩く人間ではない。
体をすりよせてくる猫に申し訳ないなあ、と思いつつ、写真だけ撮る。
帰ろうとすると、「え、帰っちゃうの?」という目で見る猫。
ごめんね。
 
 

12.09.2009

りんのちゃん


 
 
この日が1歳のバースデー。
りんのちゃん、お誕生日おめでとうございます。
 
公園に残っていた真っ赤なモミジの下でぱちり。
大人になる頃、この木がまだ残っているといいな、と思いながら。
 
 
変わるものだらけの世の中で、変わらないものに惹かれます。
たとえ、それが朽ちてゆくだけのものであっても、なんだかいとおしくなる。
自分だって、やがては朽ちるものだし。
 
最近、自分が生まれたときの家が気になります。
子どもの頃は好きでもなんでもなかったけれど、もう一度そこで暮らしてみるのもいいな、とか思ったり。
その家はまだ、長崎市のとある一角にあるはずです。たぶん。
 
 

12.07.2009

イチョウ


 
 
ポンポのフロントガラスに乗ったイチョウの葉。

仕事が終わってポンポで帰ろうとすると、風に乗ってやってきたのでしょう。
きれいなイチョウの葉が待っていてくれました。
 
 
イヌコレでフォトライブにご参加いただいたお客様へ。
画像処理が大幅に遅れております。
お待たせして、本当に申し訳ございません。
順次お送りしておりますので、もうしばらくお待ちください。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

12.06.2009

富士山


 
 
夕焼けの中に小さな富士山。
 
茨城県の西の端とはいえ、富士山が見えると驚いてしまう。
距離にして約150キロメートルの彼方。
独特の三角形が関東平野の一角に鎮座していました。
 
そのあたりは千年以上前、平将門の《地元》だった土地。
かつては広大な原野が広がっていたはずです。
はるか遠くの富士山を将門はどのように感じていたのか想像すると、ちょっとしたロマンのようなものを感じてしまいます。

……千年後の未来も、富士山は見えるのかなあ。
  
 

12.05.2009


 
 
我が家の冬の定番メニュー。
今日のように、冷たい雨が降る夜はなおさら食べたくなります。
 
鍋料理の一番のハイライトは、鍋の蓋を開ける瞬間だと思う。
湯気がふわっと舞い上がるとき、その場にいる人たち(といっても我が家は夫婦二人ですが)の視線は、鍋に注がれているはず。
そのわずかな時間を、確かに共有していることを実感します。
 
それでは、「いただきまーす!」
 
 

12.04.2009

LOV




有楽町マリオン、阪急百貨店1階のショーウィンドー。
クリスマスデコレーションが施されています。

何というのか知りませんが、色とりどりの樹脂シールがガラス一面に貼られて目を引く。
その中央付近にハートと《LOV》の文字シール。
通るたびに、最後の《E》がどこにあるのか探すのですが見つかりません。
なんとなく気になってしまう。
 
油性ペンなぞで、Eを書き入れたら怒られるだろうか。
そんなことを考えながら30分の銀座滞在を終えて電車で帰ります。
来週は銀座に来ることが多くなりそう。
 
 

12.03.2009


 
 
降り続く冬の雨。

仕事帰り、バスまであと10メートルというところで扉が閉まり、行ってしまいました。
次のバスは20分後。
「まあ、たまにはこんなこともあるさ」と納得できればしめたもの。
 
ぼーっと待っている間に、「そうだ雨を撮ってみよう」と思いつく。
ふだん、降ってくる雨の一粒ひと粒を意識することはありません。
しかしこうしてみれば、雨の軌跡はひとつずつ違うものです。
 
気がつけば20分が経っていました。
 
 

12.02.2009

ツバキ


 
 
暖かい陽射しを浴びて咲くツバキ。

一日、犬の撮影でした。
お昼休憩のときに抜け出して花を見る。
家に帰ってもイヌコレの画像処理をひたすら続けているので、頭の中に犬の顔がひしめいています。
イヌコレの後はきまってこうなるのですが、人の顔まで犬に見えてしまうのは困ったことです。
この日のお取引先はブルテリアに見えました。

 

12.01.2009

とある犬


 
 
おばあさんにリードを引かれて散歩中。
 
こんな《なんということはない》犬に、惹かれてしまう。
特別かわいいわけでも、愛想がいいわけでも、なんでもない犬。
 
そんな彼らの姿に、本来の犬の姿を見るような気がします。
できるなら、一緒に暮らしながら写真を撮ってみたいと思う。

僕の知らないところで、この犬がどんな表情を見せるのか、知りたい。