子どもと家族の写真・ポートレイト・記念写真

三原由宇フォトライブ公式サイト

Facebook

三原由宇出張写真室・旅の写真(ブログ)

7.31.2013

テディくん








うちに初めて仔犬がやってきた!
どんなふうに扱っていいのかまだよくわからない男子二人。

テディくんは靴下(それも履いてる臭いの)が大好きらしい。
お兄ちゃんの靴下引っ張ってくわえて離しません。
見てるぶんにはかわいいけど、それでいいのか・・・?
 
これからどんな生活が始まるんだろう。興味津々です。
 
  
(東京都町田市)
 

7.22.2013

らぴすちゃん&慎吾くん








らぴすちゃんと慎吾くんの姉弟に今年も会えました。
性格はまるで違う二匹。
とくにらぴすちゃんがおてんばでなかなかじっとしてくれない。
(ある意味マイペース)
つかの間の逢瀬くらい仲睦まじくしてほしいのですが・・・。

とはいえ、今年もいろいろ楽しませていただきました。
また来年も会えるといいな。
 
 
(東京都足立区)
 

やんちゃ坊主


画像処理中の写真から一枚。

本人にその自覚があるのかどうか聞いてみたい。
 

7.21.2013

本日の失敗




いいところだったのになあ・・・。
 
*【スナップ&ムービー】と【スナップ&ムービープラス】プランでは動画も撮影しています。

あさひくん&みなとくん







あさひくんに弟ができました。
まだ一緒に遊べないし、みなとくんとの距離感を測りかねているみたい。
撮影していると、慎重派のお兄ちゃんに対して、弟くんはやんちゃに見える。
さて、これからどんな毎日が待っているのかしらん。

公園に行くと、近所に住むひいおばあちゃんも出てきて、四世代での記念写真も。

平日朝の撮影だったので、パパがスーツを着ています。
撮影が終わると出勤するそう。がんばって!
  
 

7.20.2013

りんのちゃん








眩しい陽射しあふれる日でした。
りんのちゃんも太陽に負けないくらいに元気いっぱい。
四回目の撮影になりますが、こんなに活発な子だっけと戸惑うほど。
ともあれ、子どもは元気が一番です。
おしとやかになるのは、はたして何年後のことでしょう・・・。
また来年も会えたらいいね。
 
 
(横浜市都筑区)
 

7.19.2013

さらちゃん&りくくん 







雨の公園。傘をさしながらの撮影でした。
風情があって、なかなかよかったのですが・・・りくくんがご機嫌ナナメなため、自宅へ。
さっきまでぐずっていた子は、家に入るなり元気になりました。

外で撮れなかったのは残念でしたが、笑顔になってくれれば嬉しい。
おもちゃで遊びながら、家族写真も。
雨の日でも記念写真はちゃんと撮れます。
 
 
(東京都世田谷区)
 

かれんちゃん&けいとちゃん





お姉ちゃんが幼稚園に通い始めました。
このくらいの年頃の女の子って、子どもなんだけど、もう一人前の女性みたい。
なかなか振り向いてくれない大人の女性。
オンナゴコロを理解するのは難しいものだ。

おばあちゃんとママと、女の子三世代の記念写真。
美しく咲いたバラがよく似合う。

 



7.07.2013

アイスモナカいただきます

本日の撮影写真から一枚。 

職場の元同僚だったり、友達だったりするから、とりあえず記念に写真撮ってみたり。

からさわ」さんのツイッターによれば、

「今日の尾道の最高気温32℃ 波~ゆらゆらきらきら☆ アイスモナカ欲しくなる度90%」

なので、みんなでアイスモナカいただきました。


尾道でゆるい記念写真撮っています。
平日1時間3,500円から、土休日は5,000円から。
みんなで楽しく写真撮りたくなるじゃろう〜。

三原由宇フォトライブ・尾道

7.03.2013

あかりちゃん&あきらくん(大阪市鶴見区)










かわいい姉弟ちゃんでした。
一歳のバースデーを迎える弟くんが主役だったはずですが・・・お姉ちゃんのキャラが強い・・・。
にぎやかな雰囲気を維持するために、僕もハイテンションで撮影。

しかし、キめるところでは、しっかり女の子らしいしぐさでアピール。
女の子って、幼い頃から女性なんですよね。

次に会うときは、弟あきらくんのキャラがどうなってるか楽しみです。
 

7.02.2013

あいりちゃんとゆきなちゃん







 
単身赴任から久しぶりに帰って来たパパと一緒の家族写真。
パパと遊べる機会が少ないだけに、お姉ちゃんはとても嬉しそう。
生き生きとしたいい顔でした。


家族の時間の貴重さは、ふだん一緒に暮らしているとなかなか気がつかないものかもしれず。
離れて見ることで、わかることもあるだろう。
写真は第三の目から見た景色。
僕の視線は家族の(被写体の)第三の視線でありたいと思う。

 
(広島県尾道市)